久々の更新

4年間放置してたのにブログまだ残っていて、ログインもできてちょっと驚き。はてなブログに移行したほうがいいのかもしれんけど、面倒くさいのでこのままで。はてなダイアリーありがとう。

韓国に対して思うところ(まあ悪口)がたまってきたので、ロバの耳の穴として使おうかと。

もちろん私は韓国には友好的だし親しみも感じているし、いい人悪い人がいるのは日本もどこの国でも同じと思ってるし、尊重するつもりもある。しかしそんな私が見ても、この人たちなあ…と思うところはある。いい悪いではなく韓国人ってこうなんだなあとつくづく思うところもある。

認めて、認めて、認めて、と自分に言い聞かせるのにも疲れてきた。だってあの人たち、相手を認める気全然ないんだもん。

広告を非表示にする

사의 찬미「死の賛美」パダが歌ってた

 KBS「不朽の名曲」にてパダがこの曲を歌っていた。物忘れがひどいので、昔調べたはずなのにこの曲のいわれをすっかり忘れてしまっていた。そもそも사의 찬미を「死のバラ」と思ってしまい(バラは장미)「死のバラ」で検索しても何も出てこなかった笑。「死の讃美」でぐぐり直したら、あっさり自分のブログが出てきたので都合よく思い出せた。昔のブログも置いておくもんですね。しかし相変わらずこの曲に関する情報が少ない。

 最初に聞いたのは確か「砂漠の泉」というドラマの挿入歌で、そのバージョンはかなり良かったのだけど、誰が歌ってたのか未だにわからない。

 前に「不朽の名曲」の公開録画に行った人のブログを読んだことがあり、それによるとあれは夜中の12時くらいまで録画しているのだそうだ。お客さんはけっこうな年の人も多いのだけど、最後まで盛り上がりまくってるのを見るにつけ、ああ韓国人だなあ…と感慨深い。

「木嶋佳苗劇場」(宝島社) メモ

 裁判記録プラス対談やエッセイなどを集めた本。木嶋佳苗に関する本は、今まで北原みのりの「毒婦」と佐野眞一が雑誌に掲載してたのを読んだことがあり、正直もう、ゲップが出る感じ。どれもこう、面白いんだけど読後感が悪く、すごく徒労感が残る。北原みのりはフェミな視点から木嶋佳苗の肩を持とうとするんだけど肩すかしをくらって疲れていたし、そもそもフェミ視点でこの人を理解しようとするのは無理がある。佐野眞一は例の差別的な視点でやっぱり読んでて疲れた。

 何で木嶋佳苗が人を疲れさせるのかというと、絶対に理解できない犯罪者的資質に加え、(女なら?)誰の中にもあるかもしれない自己愛的自我の肥大化したものが見られるからと思う。自分の中にも部分的にはあるような気がするイヤなものを超拡大して見せられるから、どっと疲れるのではないかな。

 巻末に倉田真由美岩井志麻子中村うさぎのコメントが載っていて、うしろの2人のコメントが面白い。くらたまは凡庸な人だと思うけど、あとの2人はやはり「すごいな」ってとこがあります。

 岩井志麻子
「名器自慢って霊能力と一緒でしょう。『私、霊能力ある。ほら、そこに落ち武者がいる。髪の長い女が!』と言われても証明のしようがない。お前が見えないのは霊感がないからだ、と言われておしまい。(略)佳苗の名器自慢や虚言は、自分が自慢できるものを何も持っていない、それでも目立ちたい、注目されたいという時に使う必殺技なんです。」
「今回の事件で一番強調したいのは、佳苗は自分のことを『絶対にブスだと思っていない』ということ。世間はあたかも佳苗が『ブスを自覚』し『コンプレックスを感じている』との共通認識で佳苗を語ります。でもそれは違う。佳苗は自分のことを美人だと思っているはずです。(略)たとえばAKB48のお嬢さんたちも一部のネットではブス、ブスと言われてます。本当は可愛いのに。佳苗も自分をAKB48のお嬢さんたちと同じだと。AKB48だってアンチからはブスと言われる。自分がブスと言われるのはそれと同じ構造よ、と。」

 中村うさぎ
「以前から虚言癖のある女に興味があって、木嶋佳苗のブログを読んで、彼女の虚言ぶりと自意識の複雑さに興味を持ってしまったんです。知り合いに何人か虚言癖を持つ女がいます。しかも全員太っている。(略)彼女たちに共通するのは、知性が高く、話もスマートで面白くて、しかも太っているということ。驚くほど木嶋佳苗に似ている。けれど彼女たちには大きな“盲点”があって、それは『自分のことがまったくわかっていない』ということ。彼女たちが嘘をつく様子を観察していると、嘘が興奮を呼び、テンションがどんどん上がり、嘘も加速していく。恍惚とさえしています。さらに自分の嘘に酩酊しているので、自己チェックが失われていく。(略)ちなみに、木嶋のような虚言女はダイエットをしません。ダイエットにはストイシズムが必要です。そしてストイックな人は詐欺師にはならない。」
「いくら金持ちでも、女から避けられる男は存在します。不潔だったり、凄いマザコンだったり、会話が成り立たなかったり。どんな女も絶対に引っかからない男。そんな男が婚活すれば、最初は女の容姿を気にするかもしれないけど、次第に現実を知る。結婚という現実を見る。それは親の介護をしてくれる、子供をたくさん産める、家庭的で料理が上手などどリアルな条件です。リアルな条件を求めるなら、木嶋は理想的な女だった。なにしろ木嶋は男たちの希望や幻想にすべて添えちゃう。嘘つきだから。(略)でも木嶋のように嘘や条件で選ばれるのはモテとは違う。私は木嶋がモテたとは認めません。女は体一貫でモテてナンボでしょう(笑)」

 最後のは少し異論があるけれど…。社会生活をしている限り、体一貫の状態なんて有り得なく、「体一貫で愛した、愛された」と本人が思い込んでいたとしても、実は社会的条件がたくさん入り込んでいるのが実情です。でも美しい考え方であるのは確かですね!

 掲載されているいくつかの写真を見ていて、木嶋佳苗が相当なアブラ性であることに気がついて気持ち悪くなった。確か北原みのりの本でも、裁判中、昼飯が終わって戻ってきた木嶋を見て「ツヤツヤして、唐揚げでも食べてきたのか口のまわりが光っている」と書いていた。顔のテカリ方、尋常じゃないです。

奉仕活動

                                                                            • -

Q5.他の対外活動では探せない私たちの対外活動と恩恵があるならば?
1.参加者電源120時間奉仕活動確認書 発行
 (最大8時間+15日 120時間)
2.参加者電源イタリア、フィレンツェ市庁功労賞発行
3.参加者電源韓国広報トゥレプルロ修了証発行
4.活動内容により個人およびチームに対する最優秀賞、奉仕賞、功労賞授与
5.優秀活動者で選抜時活動関連就職推薦書発行
6.優秀活動者で選抜時ステップ選抜&次に副元帥ステップ活動にともなう海外探訪 支援
7.優秀活動者や選抜時2013年夏休み独島 (ドクト) 探訪支援
 (個人負担5万ウォン)
8.優秀活動者や選抜時後援団体功労賞および上場発行
 -独島(ドクト)守護国際連帯、仁川(インチョン)広域市、ハングクトカングアセゲファビョプエ

Q6.対外活動をする場合、入社時恩恵がありますか?あるいはインターンシップ採用での恩恵はないですか?
 はい当然あります。ただしすべての方に恩恵を差し上げることがいいえと活動されるにあたって優秀活動者を選出して優秀活動者にはインターン採用をすることになります。

Q7.こうした方々は必ず支援してほしいという部分があるならば?好む支援者がいるならば?
 その誰より情熱があふれられる方が支援して下さればと思います。

Q8.志願者項目中で自己紹介と活動抱負ではどんな部分を重点的にアピールすることが合格にさらに有利でしょうか?”志願者作成時このような部分をアピールしろ”という助言のした言葉お願いします。
 いろいろあるだろうが最もアピールになるププヌンジャシンマンの特技という点です。志願書作成時自分だけの特色ある特技を記入して下さればと思います。

Q9.面接選考に関しては詳しい情報を確認できなかったですが。面接はどんな形式に進行されるんですか?
 面接は電話上で進行されるでしょう。

Q10.今まで多様な合格戦略に対しておっしゃられましたが。担当者の方がセンガカシヌナプキョク 核心戦略は何ですか?
 私どもはどうしても電話面接で成り立って見たら、参加者声を聞いて合格が決定されます。
参加者声でどれだけの情熱があるのか、その情熱で判断することになります。

Q11.書類選考と面接典型時、これだけはするな!注意する点は?
 書類を誠意なしに作成するとか、全画面皿 誠意なしに答えられる方ではないがきます。

Q12.最後に支援を迷っているこれらに伝えたいお言葉があるならば自由にして下さい。
 新概念ユロッペナンヨヘンミショントゥレブルロを通じて新しい大韓民国青春らとソトンハミョスペク u p まで!
今まで誰も経験できなかった喜びと成就が二倍になる特別なヨーロッパペナンヨヘンイシジャクトェムニダ
”旅行と文化交流、スペック業”という三匹ウサギを捕まえるためのミショントゥレブルロ迷わずに受講して下さい^^

オオ面接が電話面接とは初め大きくて特色あるんじゃないですか?
そして今回活動の最も核心的な要素は旅行と文化交流、そしてスペック業!これという点!

クロッタミョンミショントゥレブルロがなるためにはどのようによく~料理あるようにしてこそ合格できるのか調べてみに出てみましょうか?
”合格Tip”読んでポンミディオヨロブンミショントゥレブルロがなってみて下さい!

Tip整理してすぐに合格する勢い!
合格率700%上げる[’アイクス’ユロムシショントゥレブルロ] Tip

1.志願書を作成する時最も重要な!自分だけの特技を強力にアピールする
2.誠意なしに書類を作成したり電話面接をハムにおいて誠意なしに答えればNo!No!
4.http://cafe.naver.com/specup/1076748に接続してより一層多様な資料と動画を調べる。

                                                                              • -

http://www.punmedia.net/1276
아이투스

 アメリカでボランティアが就職や成績に有利というのを取り入れた結果かと思うが、こういう、履歴書に書ける資格を金で売るような業者がたくさんあるのだろう。「”旅行と文化交流、スペック業”という三匹ウサギ」ねえ。

 旅費に9万5千ウォンも出してるというので、善良な日本人が「それはぼったくりじゃないの?今度は自分でチケット取って来たらいいよ」なんて親切に言うのを黙って微笑んで聞いていた。正直に「就職に有利なんです」「資格費用も含まれてるんです」「これで優秀者に選ばれたらもっとオトクなんです」と言ってくれれば、それはそれで納得するのに。

 「国際交流」するお人好しの日本人が交通費や各種施設の入場料に何千円も(通算6〜7千円以上の場合も)出すのを平気な顔で見ていたし(自分たちは周遊券を配布されているので無料)、韓国人の若者は礼儀正しいというイメージが完全に崩れた。もちろん人によるのだろうけれど。

 韓国ではまず「外見至上主義」が厳然とあり、それより上に「年齢至上主義」が厳然とのしかかっている。従って若さと美しさに準じて大切にされる社会であるというのは、向こうは日本と違って裏表はあまりない社会のため、別にうがった見方でも何でもなく、ごく普通のことなのだ。同じ若い日本人女子でも「外見」の差での扱いの差も目の当たりにしてしまった。えげつない。

 いやに一生懸命働いてる子がいると思ったら、旅費払ってるのに何でこんなにやってるのだろう、真面目だなあ、と思ったら、全部自分のためだったのだ。事情を言ってくれれば、それはそれで全く構わないと思うのだが。韓国好きでお人好しな日本人に前もって何も知らせず金と労力を使わさせ、それでも日本人が嬉々としている図を見てしまうと、さすがにいやになる(「もともとボランティア団体だって言ってたよ」と日本人。おいおい)。

広告を非表示にする

「もし僕のパパがロックスターだったら」 本の感想と覚書

 デヴィッド・ボウイの息子のダンカン・ジョーンズ(幼名?ゾウイ)は現在映画監督をしていて、なかなか評価の高い映画をつくっているということを昨年あたりに知り、デヴィッド・ボウイの息子として育つのって一体どういう感じなんだろうなあ、すげえ環境だよなあ、などと考えていた。一番ハデだった頃のボウイとアンジーと一緒に写っている子供の写真を見たことがある人なら誰でも「あの子供が…」と感慨にふけるはずだ(どう見ても、子供の教育には悪そうな環境に見えた)。しかも、ダンカン氏はかなり堅実な人物に育っているらしい。

 そもそもamazonジェフ・バックリィを検索したら、この本が出てきたのだ。ジェフ・バックリィを検索するだけでこういう本を出してくるamazonの検索システムに驚いた。

 ジョン・レノンの人格についての記述がかなりネガティブで、ジュリアンにはたいへん同情してしまった。ポール・マッカートニーがジュリアンを可哀想に思って「ヘイ・ジュード」を作ったいきさつもよくわかった。今までなんでジョンの子供の歌をポールが作って歌ってるのか、意味がよくわからんかったので。

 ポールといえばリンダ・マッカートニーという人も不思議な人で、特にすごい美人というわけでもなく、離婚歴もあって連れ子もいたのに、ポールはどんな女も選り取りみどりの中、この人を選び、添い遂げた。一体リンダにはどんな魅力があったのだろう。この本によると、ウイングスでリンダがバンドに参加したのも、リンダは渋っていたのに、四六時中一緒にいたいと望んだのはポールだったのだそうだ。

 息子が堅実で立派な人物に育ったデヴィッド・ボウイなのだが、この本によると、けっこうあれで息子の教育には気を使っていたようだ。悪いひとたちや環境から守ってやり、そのおかげでデヴィッド自身も悪い環境から身を引けた部分もあったようだ。麻薬で苦しんでいた頃、息子にかなり助けてもらったと書いてあった。ロックスターにはクレイジーに見えてホンマにクレイジーな人と(キース・ムーンとかオジー・オズボーンとか?)戦略的にクレイジーに見せているけど、実生活ではけっこうちゃっかりしっかりやっている人とがいるみたいだ。ボウイは後者なのだろう。イメージと違うといえば、フランク・ザッパが実は麻薬は全くやらないというのも面白い話だと思う。

 少し前、ネットでボブ・ゲルドフの娘のニュースを見つけ、それでゲルドフ家とマイケル・ハッチェンスとの間の騒動を知った。これはいろんな醜聞のデパートであり、この本では(普通は自殺とされている)ハッチェンスの死因もさらっとはっきり「性的な事故」と書かれていた。youtubeにその点についてのドキュメンタリーがあったので見てみたら、化粧っけのない生前のポーラ・イェーツがインタビューに答えていた。リンダも不思議だけどこの人もまた不思議で、たぶんハッチェンスより年上で、それほど美人というわけでもなく、3人の子持ちで、一方ハッチェンスはセックスシンボル的なロックスターで、女は選り取りみどりでスーパーモデルと付き合っていたのに、不倫の上この人と結婚する。どこがよかったんやろうなあ…としみじみする。ポーラ・イェーツという人の人生の浮き沈みも。ハッチェンスの死因は…そういうこともあるんかいなあ…とこれもしみじみした(英語なのでよくはわからないが、ドキュメンタリーに出ていた専門家によると、□□しながら○○すると△△だとか何とかで、これにはまっている人は実は多いのだとか。元妻のイェーツも、彼は本当にデンジャラスボーイで、付き合いきれないこともあったと語っている)。

 掲載されている写真の、セレブの子供たちを見ていると、みんなセレブの親と顔がよく似ている。親子ってこんなに顔が似るもんなのかな、2分の1のはずなのにな、と変なことに感心した。きょうだいは似てないこともあるのに、親子って似るんだね。

「オスカー・ワイルド」 映画の感想と覚書

 昔のVHSビデオを整理してたら出てきた。1997年イギリス映画。ジュード・ロウが主要な役で出ているのにDVD化されていないのは同性愛を扱ってるからかな? 輸入DVDはアマゾンに売っていた。原題は「Wilde」。

 映画はなかなか美しかったけれど、これどこまで史実なんかな?というのは常に頭についてまわった。エピソードは史実通りだと思うけれど、登場人物のキャラクターが・・・。まず、オスカー・ワイルドってほんとにこんなに優柔不断で流されやすくて情けない性格だったのか? 映画の中では、口は達者で軽薄な言葉がぺらぺら出てくるけれど、基本的には真面目で実直な人間に描かれている。でも実際は耽美趣味はめちゃめちゃ強かったわけだし、破滅的な美学も持ってたはずなのに、あまりそういう風には見えない。ただ、魔性の男に出会ってしまったために身を持ち崩してしまっただけ、という風に見える。ほんとかな?

 相手役のアルフレッド・ダグラス卿も、自己中心的でわがままで男を振り回す魔性の男として描かれているけど・・・どこまで本当にこういう人だったんだろうか。ただ、わがままで男を振り回す魔性のオム・ファタル役としてはこのジュード・ロウは完璧ではある。

 しかし伝記映画って普通、本人より美化した俳優が使われないか。この映画みたいに本人よりブサめの俳優が使われるって珍しいのではないかな。写真見る限りワイルド本人はイケメンまではいかないがけっこう伊達男で、ここまでひどくはない。これではまるで、美青年に魅入られた、社会的地位はあるがしょぼいオヤジみたいだ(表情がまた、タレ目で本当にしょぼい)。正直、ベッドシーンとか、ちょい微妙。

 美青年に魅入られたオヤジ、というちょっとありがちな構図に見えるところ、もしかしたらこれは「ベニスに死す」風に作られた映画なのかもしれない。美青年と有名作家、ということでベタにそういう話になったのかな。もうちょい違うアプローチのほうが楽しかったかもしれない。

 ランボーとベルレーヌの話も、ランボーテレンス・スタンプのがあって、昔から見たかったんだけど機会がなく見ていない。「太陽と月に背いて」ではディカプリオがランボーをやっているらしく、これも悪くなさそう。

ロンドンオリンピック閉会式について

 閉会式に年寄りのロックスターがたくさん出ていたと聞いて、「オリンピック 閉会式」でぐぐってみた。そしたら「オリンピック閉会式のNHK解説に批判殺到」みたいな記事が上にだーーっといっぱい出てきた。アーティストの演奏中にアナウンサーと解説者が無駄話をしまくり、演奏が満足に聞けなかったらしい。

 アテネオリンピックの開会式の時、ビョークヨーヨー・マの演奏中にアナウンサーがいらん話をべちゃくちゃしまくり、演奏を静かに聞けなくてテレビに向かって激怒しまくったことがある。「黙れ!」と何度机を叩いて叫んだかわからない。すぐさまNHKのサイトから苦情を送った。もちろんそんな意見が受け入れられるわけもないので今回のことも起こってるわけだけど、当時は、こんなことでイラついてNHKに苦情送るのは私くらいのもんなのか、日本人は音楽聞くのを邪魔されても嫌だと思わないのかなあ…などと思ったもんだった。今回のは大御所がたくさん出ていたのでそれを目当てに見ていた人が多かったことと、何といってもTwitterの存在が大きいということだろう。

 gorin.jpで閉会式の抜粋を見ることができた。もちろん無駄話つきだけど。次々におじじ達が出てくる。ジョージ・マイケル、ペットショップボーイズ、WHO、スペシャルズ、オアシスの人(違うバンドやってる)、クイーン、キンクス…。キンクスにフーって一体どこまで古いん。マイ・ジェネレーションやってるよ…。確かに見る方も年寄りならある程度楽しめる、というか笑えるけれど、何だか変な感じ。なんちゅうかなあ…新しさがない。バカなアナウンサーが「ベテランから若い人まで」とか言っていたが、実際は年寄りがほとんど。MUSEとかFat Boy Slimでずいぶん若いほうに見えた感じ。

 その中で良かったのがアニー・レノックスだった。これだけは(笑わずに)普通に鑑賞できた。でっかい船の穂先に乗ったパフォーマンスもかっこよかった。何より、(他の人に比べて)あまり年をとっていない。美しい。ところがNHKの閉会式再放送ではアニー・レノックスの部分はカットされていたというから、いかにNHKが趣味が悪いかがよくわかる。

 というか、この閉会式(開会式も)じたいが、いまいち趣味がよくない感じがした。全体に「イギリス」のゴリ押し、それも誰もが知っているようなベタで陳腐なイギリスのアピール。勝手なイメージだけど、イギリス人ってもっとひねくれ者で一筋縄でいかない感じじゃなかったかなあ。こういうパフォーマンスって、当のイギリス人は嫌がってる人が実は多かったりして。

 ストーンズは出演を断ったらしい。えらい。と思ったが、お年寄りだし健康問題だったりして、と思うとトホホだ。Zepも断ったらしいが、こちらは前回の閉会式にロンドン代表として出ていた。マッカートニーは開会式でヘイ・ジュードの大合唱をしたらしく、輪をかけてベタ。

 ジョージ・マイケルはたしか昔ハッテン場でなんかしてたところを逮捕されたりしてなかったか。Mr.ビーンもたしかなんかなかったっけ? すっかり大丈夫なんだなあ、と妙な部分で安心したりした。どうせならボーイ・ジョージも出てきたら面白かったのに。

 アテネオリンピックの開会式・閉会式ではアテネ色もギリシャ色も強くは出していなかったように思う。出演していたアーティストも国籍はいろいろだったし、今回みたいにナツメロは演奏してなかった。おそらく最も「オリンピックはギリシャ!」とゴリ押ししてもいい立場でありながら、グローバルでアート色が強く、「これからのオリンピック」を感じさせるショーだったと記憶している(あんまりしっかり見てないので印象だけど)。今回のロンドンの見てると、何だか逆にイギリスの文化的衰退を感じる気がする。その後のギリシャの経済的衰退と比べるとましなのかもしれないけれど。

 そういや韓国もオリンピックのあと経済破綻してIMF管理に入ってた。オリンピック、経済には良くないのかも?